症状があらわれた時は

肌がめくれたり、粉を吹いたり、赤みをおびたり、ひりひりした感覚を感じることがあります。これらの症状があらわれた時はお肌が乾燥している事が考えられ、肌をしっかりと保湿してあげることが大切になります。

乾燥肌の保湿で重要なのは、肌に刺激をあたえないコスメを選択することです。これらのコスメには、無添加や低刺激用やオーガニックなどいろいろなタイプがあります。そのようなものは添加物、着色料、保存料などが使用されていないので、お肌が敏感な方でも安全に使える化粧品になります。利用する時に気をつけたいのは、どんな化粧品でも自分の肌質に合うのか確かめることです。

ですからとりあえずはサンプルなどを利用して数日使ってみることが必須です。この時にいきなり顔に使用することはせず、乾燥している腕などで使ってみるとよいです。そうして肌に合った場合は、しっかりと水分補給することで肌を乾燥から守ってくれます。

水分補給のやり方は、まずローションを手に出して温めてから肌にお肌の奥までいきわたるように押さえます。次に、乳液やクリームで化粧水に覆うようにして水分が逃げないように閉じ込めます。乾燥したお肌は確実に保湿してあげることが大切になり、コスメのチョイスも同時に大切な項目になります。

 

http://www.maytegarciaonline.com/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です